2019年 06月 21日

【「新しい時代の外国人スタッフとの共存セミナー」を開催しました】
6月21日(金)の夕方、「“人手不足の人材戦略”新しい時代の外国人スタッフとの共存セミナー」を開催いたしました。
昨今、日本国内の人口少子化による働き手不足や、ビジネスもグローバル化することに伴い、日本で働く外国人も増加傾向にあります。
 今後も様々な職種で外国人労働者の役割は必要とされることから、会社の経営を考える上で、外国人労働者の雇用をうまく利用することがカギとなります。
しかしながら、働き方の価値観の違いやコミュニケーションの問題など外国人労働者の定着率は決して高くありません。

現在アルタの外国籍スタッフは全体の15%を超えており、フィリピンにも支社がある、小さいながらもグローバル企業です。
ほとんどのスタッフが辞めておらず、重要な戦力として活躍中です。

今回のセミナーでは、他でよく開催されている「労務」「在留資格の手続き」といった内容ではなく、我々がどのように外国人スタッフと共存しているのかを中心にお話させていただきました。

参加して下さった皆様、有難うございました。

■登壇者……第一部:鈴木健一(海外事業部 所属)、第二部:タパ・サントス(ITエンジニア)