テレワーク下の教育は動画で決まり!?ストレスフリーな社内研修

その他テレワーク,MiTeNe,教育,動画,マニュアル,教育管理ツール

こんにちは、在宅ワーカーのたけのこです。
本日は、

  • テレワーク下での教育方法に困っている
  • 何度も何度も同じ説明をしたくない
  • 教育に時間を割く余裕がない
  • でも社員を一刻も早く戦力化したい

という企業様にオススメしたい内容になります。ぜひご覧ください。

アルタの社内教育は「動画」

弊社では現在、社内教育の一環で「動画マニュアル」を用いた研修が実施されています。
新型コロナウイルス感染症下、OJTをメインの教育手法としていた弊社では、教育に関する問題が深刻でした。

指導側は、
「テレワークでは、従来の方法で新入社員への指導ができない。教育に遅れが発生している」
社員側は、
「同行などで仕事が教えてもらうことができず、不安。このまま仕事を続けられるだろうか」
という形ですね。

いつまでこの状況が続くのか分からない以上、今の状況下でできる新しい教育を行うしかない。
そんな中で選ばれたのが「動画マニュアルを活用した教育」です。

これがですね……一社員としても結構便利だったりするんです……。
今回は、現在弊社で行われている「動画マニュアルを活用した教育」についてご紹介していきます。
ある種の手前味噌で恐れ入りますが、ぜひ、社内教育のご参考にしてみてください。

1日1回15分程度、動画を閲覧するだけ

使用するツールは、弊社が開発した教育管理ツール「MiTeNe(みてね/ミテネ)」です。
動画は、インターネット環境下であればスマホやPCなどどんなデバイスからでも再生可能です。
私はテレワークなので自宅で閲覧していますし、電車移動中に閲覧している社員もいるようです。

※ツールの詳細はこちらからでも確認できます。

教育管理ツール「MiTeNe」のマニュアル一覧画面

ちなみに、サムネイルは……動画を作成している上司の趣味です。動画制作の過程で簡単に設定が可能です。

基本としては、動画で作成されたマニュアルを社員は閲覧するだけ!簡単です。
もちろん動画の時間は、目的や内容に応じて変更できます。

動画マニュアル再生画面

上記は、弊社研修で実際に投稿された動画マニュアルです。
商品販売における顧客獲得単価とは何か?会社が利益を上げるためにはどうすればよいのか?
そのために社員がやるべきことは何か?
など、必要なことが15分の動画にまとまっています。
弊社の社員が弊社のサービスや現状を例に挙げて説明をしていますので、
ただ他社の動画を閲覧するよりも、実務に活かせる形で知識の習得を図ることができます。

Q.でも、動画作るの大変じゃない?

動画は、スマホやPCのアプリで簡単に編集・制作できます。
有料ツールを購入しなくても、無料ツールで十分に対応可能!(VLLO、iMovieなど)
弊社でも、PowerPoint+無料スマホアプリだけで研修を実現しています。

大まかには、
①スマホやPCで動画を撮影⇒②アプリで編集⇒③マニュアルとしてMiTeNeに投稿
という流れです。

動画マニュアルの作り方 参考動画

Q.社内に教育ができる人材がいない、指導できないのだがどうすれば?

MiTeNeは、Youtubeの動画を引用してマニュアルとして活用ができます。
自社で解説が難しい、という場合には、Youtubeで参考としたい動画を見つけ、
社員に共有する形で研修を行うと良いでしょう。

動画を観たら、テスト問題で理解度チェック

社員は動画マニュアルを観たら、4択の理解度テストを受けます。

覚えてほしい”重要なポイント”を指導者が自由に問題として設定可能なので、
自社サービスや商品についてのテストもツール上で実施できます。
動画を観ていないと答えられないものも多いので、自然と集中して聞くようになります。
(テスト正解率や動画の再生状況は指導者側で把握されていますので、意外と気は抜けません……)

テスト問題回答画面

ただの勉強で終わらず、実務のストレスが解消されるのが嬉しい

ここからが私的イチオシポイントなんですが、
「実務のストレスが結構解消される」んですよね。

例えば、これまでにはこんなストレスがありました……。

  • 業務遂行のために、自社の新商品やサービスについての詳細情報が欲しいけれど、
    毎回毎回上司に質問事項をまとめて聞きに行くの大変だなァ……。
  • そもそも上司は忙しいため予定が埋まっており、捕まらない……!!
    時間をとってもらえるまで、自分の仕事がストップしてしまう。納期近いのに焦る……。
  • メールだと見逃しが怖い。でも電話だと相手の状況が分からないので遠慮してしまう。
  • いざ捕まえても、時間をとってしまうと申し訳ない……と思い、
    理解できるまで掘り下げての質問はしづらい。

などなど。

しかし、動画マニュアルで自社サービスについての仕組みや詳細、料金設定、ビジネスモデル、
これからの方針などを確認できるようになり、一気に解消しました。

MiTeNeについてのマニュアル動画画面

「自分が好きな時や困ったときに、いつでも何度でも気兼ねなく見返せる安心感」
「相手の時間を取らせなくて済む安心感」

があり、良い意味でリラックスして業務に臨めるようになりました。

わからないことを質問する、という行為には、少なからず緊張やストレスがありますよね。
(入社3年目、ある程度仕事を覚えてきた私でもこうなので、新入社員はもっと不安だったのではないかなと思います。)

これが教育に悪影響を及ぼしてしまう可能性も大いにありますので、
それがなくなることは、指導者・受講者双方にとって良いことだと思います。

動画マニュアルの可能性について

動画マニュアルの活用方法はいろいろあります。

  • 毎年説明が必要な就業規則、社内ルール
  • 部署別のルール、共有事項
  • 社内全体への重要事項
  • 外部への会社説明練習動画
  • 営業の提案方法・流れマニュアル
  • 各種ツールの操作方法
  • 資格取得勉強用動画

など、一度動画を作成して投稿しておけば、
新しい人が入ってくるたびに何度も何度も同じ話をする必要がありません。
「これ観ておいて」でOKなのでとっても時短。
社員も、口頭で言われた場合に聞き逃したり、理解できなければ
わざわざ相手に時間をとってもらった上で聞きに行く必要がありますが、
動画であれば自分のタイミングで何度でも見返せます。

自社の都合に合わせていろいろな使い方ができますので、ぜひ考えてみてくださいね。

まとめ

テレワーク下の教育は今や必要不可欠ですが、大変難しいのが現実です。
ぜひ「動画」を用いた研修スタイルを取り入れ、指導者・受講者双方にとって有意義な
研修の実現方法を見つけてみてくださいね。

弊社のツール「MiTeNe」に関心をお持ちの方は、
こちらからお問い合わせください。(資料請求も承っております。)
詳細のご説明、貴社での最適な活用方法、導入方法のご提案をさせていただきます。

1ヵ月は無料でお試しいただけますので、お気軽にご相談下さいませ!

Posted by たけのこ